Background Image
0120-58-2604
 

スペース(圧迫感、不安のない適度な広さ)

kaiteki09

寝室には寝具のサイズを基本に、ベッドならばカバーの交換やマットレスを裏返す(長持ちさせる)ためのスペース、二人で寝る場合では両サイドのスペース、和ふとんならば押し入れの出し入れから一連の作業スペースを加えた、ゆとりある広さを確保しておく必要があります。空いているスペースがあるからといってむやみに物を置くと、睡眠環境を損ねることになりかねません。
和ふとんに比べ、ベッドは重厚で高い位置に寝ることになり、その高さが心地よい人もいれば、反対に天井が低いため圧迫を感じる人もいます。ベッドには高さを調整できるものや低い位置のものもあり、バリエーションが豊富です。いづれにしても狭すぎて圧迫感がなく、寝室ということから広すぎて不安を感ずることのない適度の広さが大切です。