国内販売台数No.1 ベッドを選ぶならフランスベッド
TELNO

眠りのドクター

冷え性

冷え性

1.冷え性のメカニズムと原因

冷え性のメカニズム

血液は心臓のポンプ力によって送り出されると、酸素や栄養を含んだ温かい血液となり、動脈を通って毛細血管へと流れます。さらに、炭酸ガスや老廃物を回収しながら冷たい血液となり、静脈を通って心臓へと戻ります。
yajiru s
「寒い・冷たい」と感じたとき
やじるし
血流をコントロ-ルする自律神経は、身体の冷えをなんとかするため、表面の毛細血管を収縮させて血液からの熱を確保します。外気が暖かくなると、血管を拡張させて血液を送り込み、回復への体温調節を行います。
やじるし
ところが、この体温調節機能がトラブルを起こすと、血管が収縮したまま(血行不良)となって回復に時間がかかり、冷えた状態がつづきます。
yajiru s

血行不良

yajiru s

冷え性

 

冷え性の原因

外的要因
エアコンの効きすぎで内と外との温度差が激しい場合、やがて体温調節機能も鈍ってきます。
足に合わない靴、身体を締め付ける下着や服は、血行不良を起こし体温を調節することをさまたげています。
冷えやすい人は、冷たいものを飲み過ぎたり、食べ過ぎたり、ミニスカ-トなどの薄着などが原因となります。
その他、ストレス、栄養不良、ダイエット、不規則な生活などが、自律神経のバランスを崩します。

 

内的要因
ホルモンバランス…女性の場合、月経、妊娠、出産、更年期などにより、女性ホルモンのバランスが変化することから、自律神経のバランスにも影響してきます。

 

低血圧…心臓のポンプのパワ-が弱いため、末梢の血管まで血液が送り込まれない状態です。筋肉の収縮も血液を押し戻すポンプの役目を果たしていますが、筋肉が弱いことも血行不良に影響してきます。

 

貧血…赤血球の構成成分ヘモグロビンは、肺の毛細血管のなかで酸素と結合し、その酸素は細胞での栄養をエネルギ-に変えて全身を温めます。従って血液中の赤血球が少なく、さらにそれをつくる鉄分の不足が貧血となり、冷え性につながります。
yajiru s

自律神経の乱れ

yajiru s

血行不良

yajiru s

冷え性

2.就寝前の冷え対策

寝る前の入浴
熱いお湯よりも、身体のシンが温まるまで長くつかっていられる温度にします。下半身だけつかる「半身浴」も、心臓への負担が少ないため、長く入浴できます。また、足だけを温める場合でも、熱いお湯と冷水とを交互にかけ、これを何回か繰り返すことで血行が良くなり、全身も温まってきます。

3.就寝時の冷え対策

就寝時の冷え対策
冷え性のため寝つきの悪い人がとる対策として多いのが、靴下をはくことです。しかしこの場合、暖かくなることで発汗作用が高まり、靴下が湿って足を冷やす結果も招きます。また、温めつづけると深いノンレム睡眠になりにくく、目が覚めたりして睡眠の質も低下します。
靴下は余裕のある大きめのもので通気性を良くし、汗を逃す放湿性に優れた素材のものを。

4.寝具の冷え対策

身体にかかる部分と足元部分に羽毛を増量させた冷え性用の羽毛ふとんなどの寝具があります。

いびき

いびき

1.いびきのメカニズム

正常な呼吸は、空気が鼻から上気道を通って気管へと入っていきます。しかしこの上気道が狭くなると、呼吸時に軟口蓋、口蓋垂(のどちんこ)、咽頭の震動がおこり、いびき音を発生させます。
 

2.いびきの誘因

いびきの誘因いびきの誘因
●肥満
のど全体にも脂肪がつくため、上気道を狭くさせています。
●飲酒や睡眠剤
アルコ-ルの飲み過ぎや睡眠剤の服用により、舌や軟口蓋の筋肉が緩んで上気道を狭くさせます。
●その他
疲労や風邪による鼻づまりでもいびきをかきますが、咽頭扁桃・口蓋垂・軟口蓋・舌などの肥大やあごの骨格が原因の場合もあります。

3.良性のいびき

良性いびきは原発性いびきとも呼ばれ、仰向きで寝たとき発生し、レム睡眠時に強まり回数も増えるものの、睡眠障害もなく睡眠パタ-ンも正常です。しかし、肥満や飲酒、睡眠剤の服用などは原発性いびきの誘因となり、睡眠時無呼吸症候群へ移行する可能性もあるので注意が必要です。

4.サラリーマンの眠りについて -いびき編-

いびきをかく人の割合
●いびきをかく人の割合(対象:419名)
睡眠調査報告書から(1996年1月実施)
調査対象は20代~60代のサラリ-マンで、子供・学生・高齢者は
含まれていません。
女性の対象者も20代を中心としており、主婦層は含まれていません。
 
●年代別いびきをかく人の割合
年代別いびきをかく人の割合
●いびきをかく人の割合(対象:419名)
体型別いびきをかく人の割合
 
※参考文献および関連書籍
「睡眠障害」 井上昌次郎 講談社現代新書
「いびきを治す」 池松亮子 新星出版社
 

無呼吸症候群

無呼吸症候群

1.普通・無呼吸のいびき

普通のいびきは、上気道が狭くなることで息を吸うとき喉が震動して起こり、いびき音は規則的です。一方、無呼吸のいびきは、息を吸うとき気道が塞がった状態になるため、呼吸(いびき)はしばらくの間止まり、そしてあえぐように呼吸は再開され、いびきも再びかきはじめます。その際、10秒以上の呼吸停止が睡眠1時間あたり5回以上か睡眠7時間あたり30回以上の場合を「睡眠時無呼吸症候群」と定義されています。

2.睡眠時無呼吸症候群の種類

無呼吸を起こす種類には、大きく分けて「閉塞型」と「中枢型」とがあります。閉塞型は喉が物理的に塞がり、激しいいびきをともないます。中枢型は脳内にある呼吸中枢の障害が生じるために発症し、比較的珍しいタイプでいびきもそれほど激しくはありません。

3.無呼吸の特徴

●起床時…喉が渇く、頭がスッキリしない、頭痛がする
●日中…眠気が強い、集中力がない、体がだるい
●夜中…トイレの回数が増える、息苦しくて目が覚める

4.無呼吸の影響

無呼吸によって睡眠中に覚醒反応が頻繁に起こるため、睡眠が浅く質も悪くなり、健康面だけでなく、日常生活や社会活動にも影響を及ぼします。
この睡眠時無呼吸症候群は幅広い年齢層に見られることから、労働や学業への意欲低下や授業中・運転中の居眠りなどに現れるほか、これらが怠け者と誤解をうけ、うつ病と誤診されることもあるので啓蒙活動や専門医・技師wの養成、診断治療施設の増設が急務となっています。
※参考文献 「睡眠障害」井上昌次郎 講談社現代新書

ぜんそく

喘息ぜんそく

1.アレルギー性ぜんそく

アレルギ-反応を起こす物質‐吸入性アレルゲン(抗原)
●ハウスダスト   ●ダニ(死骸・フン)  ●カビ   ●人間やペットの毛やフケ   ●寝具や衣類の繊維

2.ダニアレルギー

●アレルゲン
室内にいるダニの80~90%をコナヒョウヒダニが占め、これがダニアレルギ-の原因と推定されており、ダニ自体のほか死骸やフンまでもアレルゲンとなります。
●生態
コナヒョウヒダニは体長0.2~0.5mmほどで、寿命は卵から成虫まで30~40日、そして成虫は約一ヶ月程度生き、メスはその間に200~300個の卵を生みます。温度は20~30℃、湿度は60~80%の環境で繁殖、時期としては6~8月に多く発生し、ダニアレルゲン量のピ-クは8~10月、人の皮膚(フケ・アカ)や室内塵(ハウスダスト)を餌にしています。
●人間に快適な環境は、ダニにとっても快適
エアコンの普及や新工法・新建材によって室温は一年中20~30℃に保つことができる反面、室内の気密性が高まり、通気性も低下して湿気がこもりやすく、比較的乾燥に強いコナヒョウヒダニには棲みやすい環境になっているようです。ダニを含むハウスダスト量は、絨氈`、畳、板間、寝具などに多く、とくに絨氈`は潜り込めるのでこまめな床上の清掃が必要です。
●寝具とダニ
寝床もダニには最適の環境で、湿気が高くなる万年床はもとより、布団の内部にも潜り込んでいたり、また布団の上げ下ろしの時にはダニアレルゲンが舞い上がります。布団を片付ける時は風通しを良くしてから行い、日干しやふとん乾燥機などで湿気をとるほか、さらに掃除機のパワ-ノズルでダニアレルゲンを吸い取ると効果的です。ダニが死んでも、死骸やその破片、フンなどが乾燥し粉末になってダニアレルゲンになるため、それらも除去されていないと効果がありません。寝具に掃除機をかけることを習慣づけましょう。
●ベッドによるダニ対策
床上はホコリが浮遊しやすい位置であるため、ベッドの高さによってホコリの吸い込みを防ぎ、絨氈`や畳からダニが移ることも防げます。さらにフランスベッドのクリ-ンマットレスは、通気性に優れているだけでなく、詰物にエステル固綿を使用し、表面のキルティング地も超音波ウェルダ-加工を施して、ダニを通さずマットレス全体から綿ぼこりの発生も軽減しています。また、マットレスカバ-や掛けふとんカバ-、ピロケ-スのオヌ-ルも、高密度で織った生地により、ダニやホコリをシャッタアウトします。枕にもウォッシャブル&制菌加工で衛生的な炭わたピロ-やパイプ&バイオピロ-、抗菌防臭・防ダニわたを使用したショルダ-フィットピロ-バイオがあります。
 
 
 展示会情報 
sale info
 
 カタログ 
カタログ請求

カタログ閲覧・ご請求はこちら

 

TVで紹介されました!

Fleur

まいど!ジャーニィ~で紹介!人気沸騰中「フルール」 詳しくはこちら

 

体に合うベッド探し

quality

長く選ばれ続ける理由がここに。フランスベッド。 詳しくはこちら

 

 

group logo

フランスベッド販売株式会社

国内販売台数No.1 ベッドを選ぶならフランスベッド
私たちはフランスベッドグループの一員です
 
 

images/Home/icon/bed.jpg