Background Image
0120-58-2604
●休業日のおしらせ
4月29日(土祝)~5月7日(日)まで休業日となります。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
 

色彩(やすらぎの色)

眠りの色
色の好みも各人各様ですが、寝室には基本的に落ち着いた色を使用するのが無難です。
主に床、壁、天井、それにカーテンや寝具(ベッドカバー・掛けふとんカバー)などの色が寝室の雰囲気に影響を与えます。ファブリックマジックといわれるように、カーテンやベッドカバーを変えるだけでも部屋の雰囲気は一変しますが、フランスベッドではベッド(ヘッドボード) とカバー(掛けふとん・マットレス・ピロー)がカラーコーディネートされたものがあり、部屋の雰囲気に合わせてお好み色を選ぶことができるようになっています。

アースカラーで安眠

1.青

青色には神経を落ち着かせる作用があります。鎮静作用もありますので、スムーズに眠りに入りやすいと言われています。

2.茶

自然界にある普段からよく目にする色は気持ちが落ち着くと言われています。のんびりした気分になれます。

3.緑

リラックス効果があり、筋肉の緊張をほぐしてくれると言われています。目にも優しい色です。また、筋肉や骨の細胞を創る力を促進し、緩和効果もありますので血圧を下げると言われています。